企業情報

当社グループの歴史

当社グループの歴史~ 水と共に130年、水道事業、管工機材から環境・設備機材へ ~


時代背景 西暦 代表者 橋本総業の動き
‘89 大日本帝国憲法発布 橋本久次郎
‘90 水道条例公布 1890 ‘90 神田岩本町にて「橋本商店」を開業
‘94 日清戦争
1900 ‘03 水道用の材料を扱う
‘04 日露戦争 ‘05 ドイツよりポンプを輸入
‘05 ポーツマス条約 ‛08 オリジナル商品「橋本式水道自在器」開発
‘10 日韓併合 1910 ‛13頃いくつかの工場で、管材商品を製造
‘14 第一次世界大戦 橋本政次郎 ‛15 日本橋小伝馬町に店舗を移転
‘20 国際連盟加入 1920
‘23 関東大震災 ‛24「橋本パイプ店」に商号改称
‘25 普通選挙法、治安維持法 ‛26「橋本の商報」を発行
‘29 ウォール街株大暴落 ‛27 新店舗完成
1930
‛35 HAT印製品を製造販売、電信略号を付す
‘32 五・一五事件 橋本達三 ‛37 中国への輸出開始
‘36 二・二六事件 ‛38「㈱橋本商店」に改組
‘41 太平洋戦争 1940 ‛39「㈱橋本製作所」発足
‘46 日本国憲法公布
‘50 特需景気 1950 橋本政雄 ‛48 橋本政雄氏代表取締役社長に就任
‘54 神武景気
‛60 七十周年記念パーティ開催
‘56 国際連盟加入 ‛60 税務調査で販売1本へ
‘60 所得倍増計画 1960 ‛61 業務合理化にコンピュータ(電算機)を導入
‘64 東京オリンピック ‛63 深川倉庫竣工
‛64「橋本レポート」発行
‘69 東大闘争 1970 ‛70 現社名「橋本総業株式会社」に改称、
‘73 変動相場制へ移行          本社屋を建設
‘73 第1次オイルショック
‘79第2次オイルショック
1980 ‛85 地区HAT会を組織
‘87 国鉄分割、民営化
‘89 消費税3%導入 ‛89「建設設備セミナー」スタート
‛90不動産融資の総量規制 1990 橋本政昭 ‛90橋本政雄氏代表取締役会長に就任
‛91 バブル経済崩壊 ‛90 橋本政昭氏代表取締役社長に就任
‛90 創業百周年大商談会(幕張メッセ)
‛94 関西国際空港開港
‛95 阪神・淡路大震災 1995 ‛97 日本証券業協会に店頭登録
‛97 消費税3%から5%へ
‛97 山一證券が自主廃業を決定
‛98 長銀、日債銀国有化
‛99 北海道拓殖銀行が破綻 ‛99 東京配送センターを深川から東雲に移転
‛01 米国同時多発テロ勃発 2000
‛02 ユーロ統一通貨スタート ‛02 大明工機㈱グループ化
‛03 日本郵政公社発足 ‛03 空調衛生工学会より「篠原記念賞」を受賞
‛04 HAT会を『みらい会』に改称
‛04 ジャスダック証券取引所に上場
2005
‛08 米リーマンショック
‛09 民主党内閣発足 ‛09「橋本学校」を月次定例化
‛10 中国のGDP、日本を抜き2位に 2010
‛11 東日本大震災 ‛12 エコステージ協会より「エコステージ3」認証取得
‛12 第2次安倍内閣発足 ‛13 社史『なぜ、わたしたちは老舗管材商社と
‛12 東京スカイツリー開業 なったのか』をダイヤモンド社より発刊
‛13 日科技連より『品質革新賞』を受賞
‛13 2020東京五輪決定 ‛13 若松物産㈱グループ化
‛14 消費税5%から8%へ ‛14 東京証券取引所第二部に上場
‛14 東京証券取引所第一部に上場
‛14 全日本テニス89thに特別協賛
‛15 北陸新幹線開通 2015
‛15 チャイナショック
‛16 熊本地震 2016 ‛16「橋本総業ホールディングス㈱」でグループ化
‛16 英国民投票「EU離脱」へ
‛16 改正公職選挙法施行、選挙権18歳以上へ
‛17 米国ドナルド・トランプ新大統領が就任 2017 ‛17 (株)大和 グループ化
‛17 豊洲市場移転問題
‛18 米朝首脳会談
‛18 築地市場営業終了
2018 ‛18 (株)永昌洋行 グループ化
‛18 (株)ムラバヤシ グループ化
‛19 新元号「令和」に
'19 ラグビーワールドカップ日本で開催
2019 '19 初の女性取締役に吉田友佳氏就任
  健康優良企業「金の認定」を取得
2020 '20 テニス日本リーグで男子チームが初優勝、女子チーム第3位

ページトップへ戻る